月並護摩供

毎月21日 10:00~11:00

 

 月並(つきなみ)とは“毎月”を意味します。毎月21日(お大師さんの御縁日)午前10時より、護摩堂(大日堂)に於いて護摩の修法を行います。

 護摩とは、真言密教の秘法の一つで、諸々の願い事を仏様に託し、心身の安楽を得るための修法です。

 その願い事は「家内安全」「厄難消除」「受験合格」「当病平癒」等、人の数だけ願いがあるといっても過言ではありません。しかし、いずれの願いもその人にとっては一大事。そこで、毎月の護摩祈祷会では皆さんと共に護摩の修法を修し、共に安心を得て日々の生活を心豊かなものにします。実際にその場で体感することが大事です。事前のお申込みはいりませんが、特別祈祷の場合は事前にお知らせください。(法話あり)

 護摩祈願は、奥深い内容を秘めた哲学的な意義と、真言密教の教理に裏付けられた荘厳な宗教儀式であります。護摩とは、梵語でホーマ(homa)といい、〈焚く〉〈焼く〉などの意味をもつことばで、仏の智慧の火を以て煩悩(苦の根元)を焼きつくすことを表します。

 本尊不動明王のご宝前に設けられた護摩壇の周囲に香華をはじめ五穀、お供物をそなえ、心身を浄めた住職が、中央の炉の中に護摩木を焚いて、御本尊さまのご供養をすることにはじまる、きわめて厳粛な秘法であります。  この護摩によって、皆さまの煩悩を焼き浄め、大厄を消除し、すすんで家内安全、商売繁昌、病気平癒、心願成就など、開運の祈願を完うされるようおすすめいたします。

 護摩木 一願 300円

 

 《各種 護摩祈祷 承ります! 》

 寺務所まで、電話(0465-74-1717)もしくはメール kosaimitsuji@ybb.ne.jp で予約をして下さい。厄難消除、家内安全、身体健全、交通安全、息災延命、ピンピンコロリ、商売繁盛、病気平癒、心願成就、良縁成就、安産守護、その他所願成就

 特別祈願 5,000円

旧本堂(~昭和40年頃まで)
旧本堂(~昭和40年頃まで)

大師の心 響き合う

弘済寺 facebookページ

住職レポート

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから